配偶者が不倫をした場合あなたの夫または妻そ

配偶者が不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。
ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。
慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、何歳であるか、何年結婚しているかなどいろいろな事を鑑みて裁判所に委ねることとなります。
同じ電話番号の人から何度も繰り返し、また定期的にまた電話をかけ直していたりすると浮気相手と連絡をとっているという見込みはある程度間違いないと思われます。
そうしたらその電話番号の相手が誰かということを突き止めるだけでいいのです。
ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手との電話の後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。
探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、別れるべきか否か選択に困りますよね。
そうならないように、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。
夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚してしまうのも一つの案です。
浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。
ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。
相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。
男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。
携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかめます。
携帯電話は浮気相手との連絡手段として使うのが当たり前だからです。
今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をことも多くなったとはいえ、やはり、相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。
ですから、空き時間に電話することは十分ありえるのです。