本人に気づかれないようにして明らかに浮気

本人に気づかれないようにして、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要とされる技術および機材があります。
浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、顔が見分けられないような露出不足だと証拠として扱われません。
浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型の機材を使い相手が知らない間に客観的な証拠を撮影してくれます。
不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求する場合には、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、不倫関係が継続している事を、形として突き付けられるようにしないといけません。
しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、浮気の証拠をキッチリとした形で鮮明に写しだしてくれるでしょうし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を貴方の手に届けて貰えるでしょう。
問題なく探偵が調査をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、証拠を残さないようにし始めたりして、失敗という結果に終わることもあるでしょう。
探偵に依頼したからといって、100%成功することはあり得ないのです。
成功報酬にするのかどうかについても、契約書を作る際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。
探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。
言うまでもありませんが、調査員の数が少なければ安く、増えれば増えるほど高くなります。
そして、尾行時に車やバイクで移動すると、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認がいります。
興信所と探偵事務所の違うところですが、あまり無いのではないかと言っても良いでしょう。
双方とも、浮気調査、身辺調査、違いのない仕事です。
とはいっても、差があるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。