例え配偶者が浮気している場合でも今後

例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーであり続けたいのなら密会の場面に行こうとするのはしないほうがいいでしょう。
浮気していることが明らかになってしまうと妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。
加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に、大きく消耗することになります。
費用を節約して浮気調査をするには、できる範囲のことは自分で前もって調査してから調査会社へ依頼することです。
調査とはいっても簡単にできることなのです。
毎日のパートナーの行動記録を良いだけです。
毎日、仕事に出る時間、帰宅時間、電話が掛ってきたなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。
探偵に依頼するなどし、浮気の証拠が掴めます。
相手が浮気をしているのではないかと思った場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。
しかしながら浮気の証拠を自力で集めようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性はあるでしょう。
その原因はズバリ、あなたの顔を覚えているからです。
配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。
しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料をもらうことはできません。
慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等全体的にみて裁判所が決定します。
探偵による調査は高額ですから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。
簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に勘付かれずにつけるのは簡単じゃありません。
勘付かれれば警戒をされるものなので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。
誤魔化せない証拠を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。